読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY LIFE DESIGHNER

2018年3月に教師を退職予定。LIFE DESIGHNER..

映画 LION〜25年目のただいま〜 を観てインドに行きたくなった

 

 

 

こんにちは❗️masamyです。

先日、映画を観てきました。

映画は大好きなのですが久しぶりの映画館での映画。

いや〜やっぱり映画はいいですね。

約2時間前後の短い時間に、違う世界の中にいる感じがとても好きです。

 

 

 

さて、今回観た映画は

LION〜25年目のただいま〜 

 

f:id:masamy:20170409130945j:image

 

あらすじ

インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を、「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル、「キャロル」のルーニー・マーラニコール・キッドマンら豪華キャスト共演で映画化したヒューマンドラマ。1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタコルカタ)まで来てしまう。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長。25年後、友人のひとりから、Google Earthなら地球上のどこへでも行くことができると教えられたサルーは、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、本当の母や兄が暮らす故郷を探しはじめる。

 

 

あまり下調べをしずに、CMを見て、googleで家を探す映画〜おもしろそう!くらいのイメージで映画館に行ったので、始めに英語じゃないことに少し驚き。笑

 

 

 

 

見終わった感想、なんだこの人生。

ハッピーエンドなのに何故かハッピー100%でない気持ちがどこかに残る。

インドの日常の情景から入るこの映画。

まずそこに驚かされる。

まだカースト制度が残っている国だとは知ってたけれど、映像としてそれを見るとやっぱり驚いてしまう。

 

 

 

そして、迷子になり最後にはオーストラリアに住む家族に養子として育てられた主人公サルー。

インドで必死に生きる様子から、オーストラリアでなに不自由ない幸せな生活を送る様子。

内容のネタバレになる話はしないので観て感じた話になります。

 

 

幸せの感じ方って、そりゃもちろん人それぞれで違う。

だけどお金があれば、裕福であれば100%幸せ!なんてことは絶対にない。

「好きなだけ使えるお金があるけれど今後の人生1人で生きてください。」なんて話があっても全然嬉しくないじゃない。

1人じゃダメなんだよなぁ。って思うじゃない?

自分じゃない人が周りて、"幸せ"があるんだろうな〜。

 

 

 

オーストラリアで裕福な暮らしをしても、サルーが求めるものはインドでの家族との生活。

そういうことなんだよねって、当たり前だけど大事なことを感じさせられた映画でした。

 

 

 

人生ないものねだり。

ないものねだってこうよね。

そしてこの映画を観て私は決めた。

インドに1人旅に行くぞ❗️

危険な国だと言われているけど行ったことがある人がもう一度行きたいと声を揃えて言うのはどうして?

行くと人生観変わるっていうけど、どう変わるの?

ん〜気になる❗️インドに行くぞ〜❗️

 

 

 

と、映画の感想になってしまったけど最後まで読んでくださりありがとうございます!

久しぶりに映画を見たけど、やっぱり映画で観る映画はいいねぇ。映画好きです。